本当に「英語を話したい」キミへ 川島永嗣の英語力

最近書店に行くとこの本を見かけると思います。

本当に「英語を話したい」キミへ
本当に「英語を話したい」キミへ
川島 永嗣
世界文化社 (2013-03-16)
売り上げランキング:481位
価格:¥ 1,365

日本代表ゴールキーパー、今はベルギーで活躍中の川島選手のだした語学本です。

書店でパラ見だけしたのですが、「正直うらやましいな」と思いました(笑)
多分内容は、川島選手は語学が好きなので自分の思いを語って、
それを他の人が写真などを取り入れて1冊の本にしている感じです。

川島選手が英語で答えているインタビュー映像はYoutubeにいっぱいありますね。

このインタビュー、インタビューワーも多少訛りがありますね。

2年前にもの英語は取り上げました。
サッカー川島選手は英語が堪能?

川島選手のいう、語学を堪能にするための考え方は私もほぼ共感です。
前回の記事でもあげましたが、
・やっぱり好きで楽しくやらなきゃダメですね。
・つまみ食いでやってます(飽きたらいろんな物に手をつけてとにかく接する)
・みんな結構間違っている
このあたりの考えは私もそう思ってます。

特に最後の「みんな結構間違っている」の部分は日本人は、特に英語に関しては間違いを恐れやすいので注意したいと思っています。

例えば、オンライン英会話レッスンとかで、自分の英語がおかしいと思って「ハニカミ笑い」すると結構相手は、「何がおかしいの?」といった反応を見せることが多い気がします。

ロゼッタストーン / RosettaStone

川島選手ってロゼッタストーンのアンバサダーやってたと思います。
日本人にもっと他の言語も覚えてもらって世界に発信できる国になって欲しいという思いが
あるんでしょうね。こういう人の頑張りからモチベーション上がりますね。

私も同じ思いなので、本気で日本人が英語が出来るようにもっとサポートしたいですね。
実は裏で「英語学習書」の企画書なんか作っちゃってます。
(自分の今までの経験を少しでも分かりやすく伝えて応援したいんですよね。)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ