Google I/O 2014をそのまま見てみよう

アップルやグーグルの開発者向けイベントは多くの人に人気があります。
たいてい日本からだと技術系のサイトで日本語で解説されたものを見る人が多いかも知れませんが英語学習者ならそのまま見ることをオススメします。

もし英語が出来れば、大抵のことは本家のページを見たほうが知りたいこと解決するのも早いです。

さて6月26日に2014年のグーグル開発者向けイベントGoogle I/O 2014がありました。新製品の発表もここで出てくるので注目されてしました。

ちなみにYoutubeでアップされていて字幕オンオフも可能です(英語)

2時間半ほどあります。私の場合はChromecastを買ったので長いからTVで見ようと思います。

Google I/O 2014ではこのChromecastについてコンテンツキャストができるようになると発表がありました。ますます買いな商品になるかもしれません。

後気になるのはAndroid Wearでしょうか?日本でもすでに販売が始まっています。

残念ながら個人的には今のところ欲しいとは思いませんが、今後様々なウェアラブル端末が出てくることは予想されます。

私達に課されているのはGoogleかAppleか、はたまたamazonか?統一した商品で心中することでしょうか?どちらかと言うと日本企業がここに食い込んで欲しいんですけどね・・・

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ