冬休みの英語学習の過ごし方

冬休みや正月休みはなるべくゆっくりと過ごしたいものです。

個人的にはこういった時ぐらいはあまり今詰めて学習しなくても良いと思います。
受験生の方は、受験の機会は人生の中でそれほど多くはないので、休みなんて考えずに頑張ることを推進します。そのほうが後で絶対に後悔しません。

社会人の方や、やり直し英語の方は少しリラックスしてもいいでしょう。

ただし、問題となりやすいのがパッタリと学習をやめてしまうと、その後の立ち上がりに苦労します。

人によっては、そのままフェードアウトしてしまい4月の季節ぐらいまで何もしない人も多いのでは?そういったことをしているといつまで経っても成長しません。

私がこの時期にしておいたらいいなと思うのが、やはり多読です。

title_banner

多読王国-タドキストの冒険の世界-

多読の良いところはやはり趣味のように続けられる気軽さです。また選べる本の量は無限大にあるので、この時期は軽めの本をチョイスしておけば休み中でも進行感を味わえます。

Kindle Voyage Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル
Amazon (2014-11-04)
売り上げランキング:86位

多読界もどんどんと技術進行のお陰でやりやすくなっています。
今ならkindle一台あれば、年末年始にかぎらず旅行中でも気軽な読書が可能です。

なかなか休みの期間中も学習を続けるとなると大変です。

ただ一旦手を止めてしまうと、再び始めるのも厳しい英語学習環境というもの。

多読をうまく取り入れて英語学習の継続を目指して頂ければと思います。

年始には1年の目標で「英語学習に関する目標」を数値目標で入れておくとモチベーション維持に役立ます。これは達成出来ても出来なくても目標を作っておくことが大切だと思います。

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ