「多読王国」「1000時間クエスト」のキャンペーン、アマゾンギフト券を送付しました

2016年はあまりサイト運営も出来ない状態でしたが、当方主催の2つの英語学習SNSは今後も続けたいと思っています。開催していたキャンペーンの結果とアマゾンギフト券を送付しましたので報告します。

まずは多読王国

tadoku100man2016tadoku100man2016_2

100万語達成者は72名いました。その中から5名の方が抽選で当選となっています。

なお、10月から12月に開催していた秋のキャンペーンも発送しています。発送で気づいたのですが結構大学などで多読をしている人も多いのでしょうか?教育機関にも多読の良さが広がると嬉しい限りです。

なお、100万語キャンペーンは2017年も継続して開催します。私も2017年は100万語を目指して目標を作り直しています。年末には私もキャンペーン該当者になれるように頑張りたいです。

ちなみにですが100万語達成のペースですが、それなりにハードルは高いです。

1ヶ月で9万語ペースとすると1週間で2~3万語読みたいところですね。このペースというのは児童向けのYL3~4程度のペーパーバックを1冊ぐらい1週間で読むペースです。毎日1時間ぐらい多読すれば可能だとは思いますが、隙間時間は多読が趣味!というイメージで続けないと達成できません。

Charlie and the Chocolate Factory (Puffin Modern Classics)
Roald Dahl
Puffin Books (2004-04-12)
売り上げランキング:12247位
語数:32,000語

ちなみにで掲載しますがダール作品あたりで3万語レベルです。これぐらいの本を月に4冊ペース必要となります。しかし1年で100万語は挑戦して見る価値はあると思います!

続いて1000時間クエストです。

1000時間クエストは個人的には良い試みだと思っている(学習時間を残しておく事は成果の確認になりモチベーションアップになります)のですが、改善点がたくさんあるとも感じています。

特に、みなさんが楽に楽しめるように改善したいのですが機能をつけると重くなって面倒な部分も出てきます。個人的には簡単に使えて楽しめるようにしたいので、自分も使いながら意見も聞いて改善します。

申し訳ないのが一人力の開発なので、改善のペースが遅いことです。使えるところを気軽に使っていただければ幸いです。

1000時間クエストも秋のキャンペーンのアマゾンギフト券を発送しました!

該当者は結構少なかったので、積極的に利用いただいた方にアマゾンギフト券が届いていれば幸いです。


2016年は私自身が英語から少し離れてしまい、生活環境によっては英語に長く触れ合うことが困難という方も多いということがわかりました。

ただ、そういった人でもやっぱり英語ができるようになると世界が広がって楽しいのだから、是非触れ合ってほしいと思っています。2017年も私自身は育児などの環境で、思うように自分の時間が取れない状況です。

それでも出来ることで、それで英語力が上がる方策というのを紹介できればと思います。

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ