疲れを癒やす英語学習はやはり興味のあるものを繰り返し見ること

英語学習は実は飽きるほど繰り返しやることが一番の近道だと思います。

よくある失敗の一つがいろいろな教材に手を出して、結局全てが中途半端ということです。

世の中には本当に豊富な英語教材があってついつい色んな物に手を出しがちですが、個人的には合わない教材は直ぐにやめてもいいと思いますが、飽きるまで続けれそうな教材があればそれを飽きるほどやるほうが良いと思っています。

その飽きるほど続けられそうな教材で、私が2大教材としてオススメなのがDVDと洋書です(つまり自分の趣味として楽しめる素質があるもの)。

一般的な学習教材は難易度こそ、その人のレベルにうまく調整されている物が多いですが、「その人が本当に興味がある内容か?」と言われるとなかなかマッチするものは多くないでしょう。

反対にDVDや洋書であれば、自分から興味のあるものが選べます。

DVDですとやはりディズニー系の映画を繰り返し見るのは定番でしょう。

今ですとアナと雪の女王が一番人気です。商法にやや不満の声が多いみたいですが抱き合わせ販売?ディズニー系のDVDはどれも高いです。そこは諦めましょう。

魔法にかけられて [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2010-10-20)
売り上げランキング:1613位

私はディズニー系なら”Enchanted”が好きです。こちらも主題歌歌っている人が出てるんですよん!歌が多いので何回見ても楽しいです。

サウンド・オブ・ミュージック<1枚組> [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2013-11-22)
売り上げランキング:11633位

王道ですがサウンド・オブ・ミュージックも最近、またDVDで見て楽しかったです。繰り返し見る場合は英語字幕・英語音声が気軽でいいですね。

例を上げましたが、興味のあるものなら繰り返せるのが強みです。

継続というのは何をやってもストレスは溜まるものですが、楽しくしかも気持ちよく見れるタイプで英語学習すれば、自然と続けられると思います。

DVDなら常に流すようにするといった作戦もいいですね。私は最近chromecastを買ったのでDVDでなく映像配信を気軽にTVで出来るようにして映画も海外ドラマも流し見で楽しみたいなと思っています。

ただgoogleさんはちょっとコンテンツが弱いので、他の映像配信サービスと組み合わせるのが必須になりそうです。

あっ、洋書のオススメもあるのでまた紹介します^^
映画の洋書もオススメです。

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ