ディズニー謹製!?海外ドラマ「ワンス・アポン・ア・タイム」がオススメかもしれない

そろそろフレンズ後継の海外ドラマも探さなければなりません。

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1 コンパクト BOX [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2015-08-05)
売り上げランキング:2239位
価格:¥ 3,787

 

先日DLifeをたまたま見ていたら「ワンス・アポン・ア・タイム」をやっていました。見てみると英語音声字幕なしでも非常に分かりやすい、さすがディズニー製なので、俳優さんたちの言葉がこれでもか!っていうぐらいはっきりしています。

ディズニー系の映画などで、英語学習をしていた方には最適な海外ドラマではないでしょうか?

2011年放送開始となり現在4シーズン目、すでにシーズン5の放送も予定しているので題材としては使えます。

本作のタイトルに使われている「once upon a time」というフレーズは「むかし、ある時」という意味で、日本語の昔話の冒頭における「むかし、むかし」という常套句に相当する。本作は、現代のアメリカ合衆国メイン州の小さな海辺の街ストーリーブルック( Storybrooke )を舞台に、自分たちの素性を忘れて暮らしているおとぎ話のキャラクターたちを描く。登場するのは『白雪姫』『赤ずきん』『ピノッキオの冒険』などのキャラクターたちで、彼らは元々、魔法の森( the Enchanted Forest )の住人だった。しかし、悪い女王レジーナ(ラナ・パリラ)がルンペルシュティルツキン(ロバート・カーライル)から伝授された呪いの魔法を用い、白雪姫たちを魔法もハッピーエンドもない恐ろしい世界、すなわち現実世界に転送してしまったという設定である。

ウォルト・ディズニー・カンパニー傘下のABCスタジオが製作し、やはりディズニー傘下のABC系列で放送されており、ディズニープリンセス、白馬の王子、フェアリー、魔法のランプ、お菓子の家などが実写で登場し、特撮やCG合成も駆使されている。『ピノッキオの冒険』(『ピノキオの冒険』)のジミニー・クリケット、『白雪姫』の7人の小人の名前などは、ディズニー版に準拠している。白雪姫が剣を振るったり妊娠したりするなど、本作独自の設定もあるが、ディズニーのブランド・イメージ管理部門から苦情は出ていないという。その他、『不思議の国のアリス』や『フランケンシュタイン』の要素も含まれている。女性キャラクターが強いという特徴もある。

各エピソードは、特定のキャラクターに焦点を当て、現実世界における物語と、おとぎの世界(魔法の森)におけるフラッシュバック・ストーリーが『LOST』のように交互に展開し、現実世界におけるバックストーリー(エマの過去など)も随所に挿入されている。さらに第2シーズンでは、レジーナの呪いの影響を免れた者たちの、おとぎの世界におけるその後の物語や、おとぎの世界と現実世界のクロスオーバーも描かれる。また、レジーナや白雪姫らとは異なる世界から現実世界に来た者たちもいることが明らかになる。

内容としてはディズニー・アニメなどのキャラクターが現実世界に登場して面白い感じになるでしょうか?

魔法にかけられて [DVD]
アラン・メンケン
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン (2010-03-17)
売り上げランキング:768位

私も大好きな作品、「魔法にかけられて」に近いものを感じますね。魔法にかけられては英語学習としてもオススメです。歌が多いですし、最近のヒット”let it go”を歌っているあの人も出ています。

すでにOnce upon a timeはDVDセットも出ていますので、レンタル屋さんなどにもあると思います。一度チェックしてみて、これは何度見ても面白いと感じそうであればDVD学習に使ってもいいかもしれません。

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1 コンパクト BOX [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2015-08-05)
売り上げランキング:2239位
価格:¥ 3,787

 

ただディズニーのDVDは売り方がやや不評です。ブランド力のつもりか分かりませんが、アマゾンでもその販売手法に不評が出ています。ようやくコンパクトBOXと呼ばれる兼価版が出ますので、購入するには狙い目の時期かもしれません。

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ