英検よりサンプルテスト受験の案内が届く

最近、英検受けた覚えもあまりないのですが・・・

Picture 1003

英検を受けているとたまにサンプルテストの案内が届く人がいます。無作為に選んでいるみたいですが、ただレベル的に相当する人になっていると思います。

レベルが高い低いではなく試験問題の調査ですね。

サンプルテストでは腕試しが出来て、受ければ謝礼も少しだけ貰えます(図書カード1000円分)。届いた方は積極的に参加してあげたいところです。

ただ私は引越をしてしまって、試験会場が離れてしまっているので今回はパスとなりそうです。

とこれが届いて最近、英語関係の試験とか受けてないなぁと気づきました。

英語関係の資格は持っていてどうにかなるというよりも、受けることで英語学習のモチベーション維持に繋がると思っています。最近はTOEICに押され気味の英検ももっと頑張って欲しいですね。どうしても体制的にあぐらをかいていたところはあるでしょう。

私は通訳案内士試験に合格したところで一旦、息が抜けたところもあると思っています。

英語の試験関連は最低でも3ヶ月ぐらい間関を空けて受けるのが理想かなと思っています。逆に英語を学習中の方は1年に1回ぐらいは何かしら受けたほうがいいのではないのでしょうか?

以前、雑誌社に「英語資格はどのような順序で受けたほうが良いか?」なんて質問に答えたことがあります。

社会人やり直し英語の人を例にすると、
TOEICを最初に受けて点数で自己のレベル確認→数カ月後にTOEIC点数目標で受験→英検も自己のレベルで受けてみる→その後は試験の感触を掴んでいると思いますので自由に受けるといいでしょう。

TOEIC、英検以外で派生して受けるなら「通訳案内士試験」は楽しいですよ!

年に1回で長丁場なのが残念ですが国家試験でもありますし、日本の文化を学ぶので身につく感じがします。

2014年度版英検準1級過去6回全問題集 (旺文社英検書)
旺文社
旺文社 (2014-02-27)
売り上げランキング:6183位

私は試験前に問題集ぐらいは買いますが、試験が終わると一旦整理します(中古に売る)。また意気込んだ時に再度買い直す方法をいつも取っています。

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ