Chromecastの使用感と今なら600円分のクレジットの隠れ情報

先日日本発売になったChromecast。我が家のTV環境を変えたい思いで次世代AppleTVの登場などを待っていましたが待ちきれず購入しました。

こういうの買うと、もうAppleとは決別すべきか考えてしまいます。
最近ではメディア購入はDVDは時代遅れになりつつあります。音楽のCDと同じです。
その為、メディアコンテンツはデジタルデータで買いたい派なのですが、そうなると気になるのが購入元の信用です。先日、大手家電量販店が電子書籍コンテンツが使えなくなるという発表もありました。

デジタルデータを買うなら、今まで洋書などでもお世話になったアマゾンで買いたいと感じています。だから日本でもっと頑張って欲しいです。

さて4,000円台でお手軽に買えるChromecastですが、今のところ対応アプリなどの状況で最大限利用できていませんがYoutubeが使えるだけでも価値があると思いました。

手軽でしかも楽しいです。

このChromecastのいいところはスマートフォンなどは指示媒体になっていて繋がったらChromecast自体がコンテンツを流しているみたいです。その為、Youtubeも操作だけすれば後は違う作業をしても大丈夫です。

また一度設定すれば家庭で同じWifi内の端末から簡単に操作出来ました。新しく設定し直すなど面倒なことなしです。

またこっそりとキャンペーンがあるみたいです。

ScreenShot00772

GooglePlayで使える600円分のクーポンです。

Googleplayなどで映画レンタルしてみて使用感を試せそうですね。

正直ハード面はChromecastで十分というイメージがあります。後はソフト面での対応がどこまで伸びるのか?海外製アプリでChromecast対応の物が多いですのでHuluなどがさくっと対応すれば一気に使う人が増えると思います。

私は最近huluが方向転換気味なのでもっと海外ドラマを頑張って欲しいです。

個人的にはYoutubeだけでも値段以上の楽しみがあります。今後対応アプリが出てきてよりいつもTVはchromecastの映像にできれば紹介したいと思います。

残念ながら次世代AppleTVがどのような機能かによりますが不必要と思えるぐらい満足です。

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ