最強のものぐさ学習法はTVを使った映像学習か?

TVって時間を食うし無駄な番組?が多いので私は嫌いなのですが、その特性を逆手に取れば「映像をただ流すだけ学習」ができます。

「○○するだけ学習」というのは基本的に忙しい人や、負荷が高いと続けられない人に向いていると思います。

自分を追い込める人はいいのですが、私を含め基本的にストレスに弱い人は何かしら工夫をして自分の脳を騙しながら学習します(笑)

TVはその代表格のような手軽さからTVを付ければ楽しみながら英語学習が出来れば最高でしょう。今までだらだらと過ぎていた時間が少しでも学習になります。

その方法として現在のTVをスマートTVに変身させることです。

Apple ハイビジョン対応 Apple TV MD199J/A
アップル (2012-03-16)
売り上げランキング:129位

appleTVが一番手に思いつきますが、先日Chromecastが日本で発売されamazonのFire TVもいずれ日本に来るので選択肢が広がりそうです。

私はとりあえずchromecastを買いました。まだまだ対応アプリの問題でスムーズに流し見学習をするには時間がかかりそうですが、やりたいことは出来そうな雰囲気はあります。

個人的に感じたのはハードよりもソフト系、コンテンツをどこで購入するかが問題になりそうだと感じました。

・映像コンテンツを買って何回も見れる、消えるリスクがない大企業
・出来れば海外映画やドラマに強く、字幕の切り替えが簡単にできる
・コンテンツの値段は安ければ安い方がいい

これらの3点が重要な感じですね。私はフレンズのDVDを全部持っていますのでコンテンツを抜き出してハードディスクに保存して再生しています。ただDVDから映像を作ったりとかなり面倒だったので今後は映像もデジタルデータで買いたいです。

コンテンツ販売で一番強いのではないかと期待を寄せているのはアマゾンです。

洋書に関してもアマゾンが革命を起こしてくれたことで、洋書が安く買え多読しやすくなったし、電子書籍で読みやすさも更に増しました。

映像面でもアマゾンが価格戦略や使いやすさで革命を起こしてくれることを期待しています。

DVD学習でもいいのですがDVDを変える作業ですら、一つの負荷です。英語学習の負荷は他のことはなるべく減らすことが、適度な負荷調整に適しています。

私の提言する英語学習の3つの要素の一つが「適度な負荷」です。

テクノロジーの力を借りて、より便利に英語学習したいですね!DVD学習はもう古いといつか詳しく解説できるようにしていきたいです。

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ