2014年度イード・アワード英語学習教材部門の結果は?

顧客満足度調査の結果「イード・アワード2014 英語教材」が発表されてますね。

ScreenShot00842

総合満足度で最優秀賞はスピークナチュラル だった模様です。

仕組みが結構分かりやすくて「無理をしない」「易しく学習」など「英語学習は疲れる!」なんて方に特にオススメです。

わかり易さと出来る実感から高評価なんでしょうね。

【スピークナチュラル】の評価・レビュー・特徴・ポイントなど

私も教材レビューをさせて頂いていますが、「環境を厳しくおいて学習してきた派なので一部分は反論しています」、ただみんなが私と同じタイプではないのでスピークナチュラル のような学習方法のほうがあっている方も多いだろうなと思っています。

自分の指標であの教材は良い、悪いというのは簡単ですが、実際は人によって良い悪いは変わってくるイメージです。スピークナチュラル は多くの方に受け入れられたから満足度が高いんでしょうね。

一方、部門賞的に多くとっているのが「ヒアリングマラソン」 です。

ヒアリングマラソンはスパルタタイプで量をこなす必要があるので対極にあるような教材だと思います。しっかりとやり込みたい方はこちらの方が本気度、充実度が高いのでしょう。

この両極端にある教材同士が満足度で評価を受けるというのは、やはり人それぞれによって合う教材は違うと言えます。

英語教材リスト

私自身も多くの英語教材を評価していますが、よりそれぞれにあった教材が探せるような仕組みを作らないといけないなと感じています。

なお、私自身の学習理論もあります(留学なしやり直し英語独学派です)。

zentai

非常に多岐に渡るため一つの教材などでは対応できないのですが、ある程度経験から分かりやすく紹介しているつもりです。もう一度、この道筋にも整理を加えたいと思いますね。

関連するかもしれない記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ