【kindle unlimited】読み放題サービスが登場、120万冊以上の洋書を読み放題

アマゾンから、遂に読み放題サービスが始まりました。多読をする人にとってはかなり期待の掛かるサービスではないでしょうか?対応書籍は確認が必要ですが洋書は120万冊以上ですのでかなりの書籍が対象です

kindleunlimited

なお、月額980円ですので、月に2冊以上読めばこちらの方が得になると思います。逆にたくさん読むとお得になるので多読ペースも早くなるし、読んでみてつまらなかったら、他のものに移ってもあまり損した感がないのでタドキストにとってはかなり使えるサービスではないかと思っています。

私はkindleを手に入れてから、本棚に本を置く習慣をなくしました。過去は洋書が本棚にいっぱい並んでいるのをみて満足していましたが、本があるよりも読んだ記録が大事ということで、多読王国にしっかりレビューを残すことで今は満足しています。

とりあえず初回の30日間は無料体験できますので、私も今の本が読み終えれば利用してみます。

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック
Amazon (2015-06-30)
売り上げランキング:103位

なお、kindle端末はpaperwhiteがオススメです。出来ればキャンペーン情報なしで無料3Gは要らないと思いますが、読み放題サービスの登場で、外で急にダウンロードしたくなる場面も増えるかもしれません。まぁWifiあれば私は十分だと思っています。キャンペーン情報はやはり目障りです。多読をする時に阻害するものは少しでもないほうが良いというのが持論です。

重要なのは読み放題のラインナップだと思います。洋書は120万冊とかなりの本が読めると思うのですが、少しだけタドキストにとっておすすめ本が読み放題なのか調査してみました。

あれれ・・・?

Holes
Louis Sachar
Yearling (2011-06-01)

多読の代名詞Holesは対象ではなかったです。他にもニューベリー賞を取った児童書などをいくつか見てみたけどunlimited対象ではなかったです。

Dinosaurs Before Dark (Magic Tree House Book 1) (English Edition)
Mary Pope Osborne
Random House Books for Young Readers (2010-06-09)

もう少し簡単なところのシリーズ本も残念ながら対象ではないです。マジック・ツリーハウスなんかが全作無料だったらかなり良いのに残念です。

じゃあ、何が対象なの?というと「ハリーポッタシリーズ」や「ハンガー・ゲーム」「ロード・オブ・ザ・リング」などニュースでも紹介されているやや分厚い本シリーズは対象でした。

個人的にはもっと簡単な本が、たくさん対象になっていると助かるのですが・・・

最新ではない、新し目の小説などが読み放題になっていることが多いです。なお、日本のアマゾンページからは少し対象書籍が検索しづらい状況です。

kindlecomunlimited

現時点ではamazon.comのサイトに行ってkindle unlimitedをチェックしてchildren’s eBooksなどのカテゴリにすると多読にも最適な、易しめの本がたくさん出てくると思います。

海外で比較的新し目の本で、人気の高い本が読み放題に入っていたりするみたいですね。

面白そうで読み応えの有りそうな本も多いですが、何分日本だと感想などの情報が少ないので、多読向きなのか分かりにくいです。ニューベリー賞対象本を探してみたもののあまり読み放題対象ではなかったです。

期待したいのは多読にオススメの過去のニューベリー賞作品や、子供向けの定番シリーズ本が対象になることですね。それまでは、ある程度定番モノは読んでしまって、日本ではあまり知られていない海外の最新作品をよく読む人には良いかもしれません。

もう一つは和書も読み放題対象なので、読んでみたい本がたくさんあるかチェックしてみてからで良いかもしれませんね。

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ