話題のドローン(drone)は英語で何の意味?

最近瞬く間に流行っているドローン、いろいろと問題もあり騒がれていますが、ドローンって英語で何の意味なのか気になる人も多いと思います。

安いものだと1万円以下で売っているのですね。今だと特に許可などなく飛ばせるみたいで、それは一度飛ばしてみたいという人も多そうです。

もともとアマゾンの提唱するデリバリーサービスだったり、TV中継でドローンを使った映像がとても綺麗に撮れていて、多くの人が興味をもったでしょう。

さて、Droneの元々の意味ですが、

英語で雄のハチを指す語句。転じて不活発な活動体や、(半ば)自律制御される無人の飛行体や車両(ロボット)、ハチの発するような音などを指す。

ハチなんですね。ハチに近づいた時に嫌な音がしますが、確かにあれと似たような感じがしますね。後、ちょっと危ないというのも似てますね。

私も大きな川の近くに住んでいるので、河川敷で飛ばしてみたいなぁと思っています。ちょっと事件・事故などで話題になっているので、いずれ規制とか免許制・許可制になりそうですね。

その前に、駆け込み需要で店頭から消える予感がしているのは私だけ?

AR.Drone 2.0 Power Edition (「HDバッテリー」×2本、「カラープロペラ」×3色同梱)
パロット (2014-02-26)
売り上げランキング:51位
価格:¥ 41,544

高いものは結構しますね。

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ