バリューイングリッシュ英会話レッスン【英検講座 2回目】

2011年度2月の英検2次対策として、
バリューイングリッシュさんにお世話になることにしました。

BestChoiceでの詳細ページ
バリューイングリッシュの特徴・評価・体験談など詳細情報

先生はペース(Pace)先生です。
1コース6回の2回目となります。本番までに2コース12回受けようと思います。

2回目のレビューです。

まず全体の感想を書くと、1回目から2回目で格段に成長しました。
やっぱり一回でも指導を受けると変わるものです。「0」と「1」の差は本当に大きい。

シミュレーションを終えた後も先生から多く、You are doing well.Good Jobなど
お褒めの言葉を頂きました。先生も成長が見れると嬉しいんでしょうね^^
その先生が喜ぶ姿をみて、こっちもやる気になります^^

ただし、レッスン後に送られてくる録音音声を聞くと全然駄目だと感じます。

まず第一に、やっぱり緊張していて「confident」が抜けている感じです。
もうちょっとアグレッシブに話したいと思います。
あとはより文をシンプルにすべきだと思いました。
自分の音声を聞きながら、後からだとこういえばいいのにといろいろ浮かんできます。

WS000124.jpg
バリューさんの英検講座ではレッスン後にWordで評価シートが送られてきます。
ちゃんと点数評価もあり、細かくそれぞれの部分にアドバイスをくれます。

これと録音した音声も送ってくれますので、
自分の音声を聞きながらしっかりと復習ができます。
ただ話すだけの英会話では、話しっぱなしで復習がしにくいと思いますが、
この評価シートや音声があるので、復習する気になります。
(私の場合はブログ記事も書いていますので同時に復習しています)

英会話レッスンは授業も大切ですが、予習復習もかなり大切です。
レッスン時間は短い貴重な時間です。
それを活かすも殺すも予習復習だと思います。

今回もいろいろとアドバイスを頂いたのですが、
これは英検準1級のテクニック的な対策として使えると
思ったものを紹介したいと思います。

・噴き出しコメントの使い方

英検準1級では4コマの絵を見てストーリーを作ります。
その中には、吹き出しなど文章が含まれています。

そのパターンは大体決まっているので、そこにはだいたい決まった文の形使えます。

その1.人が話している噴き出し
これはthis man said “….”とすれば、そのまま使えます。
ただsaidを使わずにナレーションするなら、そのまま使うとおかしなことになるので注意が必要。

その2.頭の中で考えている映像
これを表現するにはreminded,thoughtなどが使えます。
そして前の出来事ならearlier that dayなどの付けたし、後のことならwill,wouldなどの
時制に気をつけたいところです。
(基本的にナレーション時の時間の流れは過去形です)

その3.新聞などにそのまま文字が書いている
実はこれもsaidが使えます。newspaper said…でもOKです。

実際、この内容を使えばかなり文章が出来上がってしまいます。
準1級のナレーションでは、機械的に文章を作ったほうが楽な気がします。
余計なことは言わないことも大切ですね。

自分の考えなどはQ&Aで伝える部分、発揮する部分です。

授業の内容を踏まえて、自己学習や予習として日常の出来事を
頭の中でナレーションする練習をしています。
普段から英語で文章を作る練習は紙や教材も要らず
どこでも鍛えられるのでオススメします。

そして週1回のレッスンで、その成果を出すのがベストですね。

Webページはこちら
バリューイングリッシュ

BestChoiceでの詳細ページ
バリューイングリッシュの特徴・評価・体験談など詳細情報

関連するかもしれない記事

2 Responses to “バリューイングリッシュ英会話レッスン【英検講座 2回目】”

  1. お世話になっております。
    ひろ@バリューイングリッシュです。

    まず、スピーチで何をすればいいのか?という大ゴールですが、2分のスピーチですので1枚の絵を30秒説明すればいいわけです。これは平均的な日本人の会話速度150WPMで考えると75words/pictureとなりますので、だいたい3つの文章を言えばいいわけです。では3つとは何かですが、

    英検準1級で、私個人としては各絵で3つのポイントを押さえる事が大事です
    (1) その絵のメインポイント(ストーリーの骨子)
    (2) その絵の詳細
    (3) その絵に出てくる登場人物の感情
    この3つのフレームワークを利用して説明するのが近道です。

    例えば、
    (1) レストランに老夫婦が結婚記念日のお祝いにきました
    (2) とてもおいしそうな料理が運ばれてきました
    (3) 二人はとても料理を楽しみにしています
    と、こんな感じの文を4つの絵で行ってみます。

    どうしても苦手という方はまずそもそも日本語でこれができるのか?チェックする事

    そして、その上で、じっくり考えたら文章を作れるのか?

    そして最後に、瞬間的に発話できるか?を確認します

    講師にもちゃんとこのフレームワークを使うようにと指導しているのですが、ちゃんとつかってましたか??ちょっと不安です。。

    2回も貴重なご意見ありがとうございました

  2. ran より:

    ひろ@バリューイングリッシュ 様、コメントありがとうございます。

    またさらにナレーションのポイントまで細かく書いていただき大変感謝です。
    先生もちゃんとフレームワークに関しては取り入れて説明してくれますよ。
    そのお蔭で、闇雲に文章を作らずなったので文章が作りやすくなったと思っています。
    後はその型に当てはめてもっとシンプルにナレーションしたいと思います。
    (今回は40秒もオーバーしたのです…)

    英検の2次試験に関しては、参考書や問題集をみてもこうした具体的な方法を書いてくれていないので、授業は本当に役立っています。

    ありがとうございます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ