これからオンライン英会話を始めるならDMMオンライン英会話がお得

格安系オンライン英会話スクールの歴史は2007年頃が創世記です。

フィリピン人xスカイプにより毎日英会話ができて格安という仕組みを作ったオンライン英会話レアジョブの功績は大きく2014年6月にいよいよ株式上場します。

これにより知名度も上がるし、よりサービス充実に期待したいところです。

ただ今なら昨年度オンライン英会話スクール業界に参入したDMMオンライン英会話を始めて見るほうがお得と感じます。

どちらも無料体験が出来ますので両スクールを試してみて比較するといいと思いますが現時点で始める場合はDMMオンライン英会話半額キャンペーンが嬉しいです。

今回はレアジョブとDMMオンライン英会話の違いをレアジョブさんを比較対象にして紹介します。

【DMMオンライン英会話の特徴その1】ネイティブ講師も多数

一番大きいのはフィリピン人講師にこだわっていない点です。ネイティブ講師といいますか世界中(40カ国以上)から講師を集めています。

主にフィリピン人講師が多いですが、いろいろな英語を聞き分けるや、いろいろな国の人と会話する環境が作れるのがいいです。

【DMMオンライン英会話の特徴その2】講師を顔や明るさで選んでいる気がする

私の感想ですが講師の選定基準として明るさで選んでいる気がします。DMMオンライン英会話はどちらかというと気軽に会話するタイプのスクールです。もちろん講師のための教育はされていますが、楽しく話すに重視が置かれている気がします。

先生の写真撮りなども拘っていてイメージ戦略がうまいです。

【DMMオンライン英会話の特徴その3】ネット系企業の使いやすさ

DMMは色々なデジタルコンテンツを売っていますので、ネット上での使いやすさに優れています。マイページなどで会話時間が蓄積されたりして結構やる気が湧くのも特徴です。

半額キャンペーンで安くなる割にレアジョブより良い点も多いです。

反対にここはちょっとというところを紹介すると、DMMさんは英会話以外の事業もあるのでそういった広告メールなどが届きます(むしろ英会話は赤字覚悟で他のサービスを利用してほしく客寄せしている?)。安く出来る理由もそこにあるため広告メールがあります。

あとはまだまだ実績面でレアジョブに劣るので、講師の教え方が教育は受けているけど慣れていない人もいるのは否めません。割りきって会話を楽しむスクールという使い方がいいです。

デメリットは英会話教育専門の業者でない部分でしょうか?

DMMオンライン英会話
DMMオンライン英会話

結局は受講者がうまく使えるかです。価格面ではDMMオンライン英会話に勝てそうなスクールはありません。しかもサービスもそれなりに保たれているので、英会話を楽しく継続したい方に最適なスクールだと思います。

私も初心者のころのこのスクールがあれば安いので使ってたと思います。

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ