オンライン英会話ベストティーチャーさんがワールドビジネスサテライトで取り上げられていました

進化し続けるオンライン英会話ベストティーチャーさんですが、ビジネスマンにお馴染みの夜のニュース番組ワールドビジネスサテライト(WBS)で取り上げられた模様です。

bestteacher

テーマとしては「オンライン英会話 値上げの理由」です。

最近、BestTeacher(ベストティーチャー) さんは値上げを実施しました。個人的には思い切ったことをしたなぁと感じていたのですが、その分、しっかりと質で差別化させる意気込みとも感じます。

雰囲気としては企業でも採用されるレベルへの質の向上をしたため料金も(講師の採用コストなどで)上がった模様ですね。

私はベストティーチャーさんには、直にインタビューをしに行き他のスクールとは違った特徴があることを理解しています。

非同期メソッドと自分だけの教材が特徴のオンライン英会話ベストティーチャー(Best Teacher)さんに突撃インタビューしてきました(前編)

個人的には「安くて質もそれなり」というスクールも過去の英会話スクールは高すぎて通えないという部分を打破したとして認めたいところですが、価格競争により不満が出るスクールも多いと思っています(特に人気講師の取り合いなど)。

そんな中、オンライン英会話スクール業界で一番特徴が変わっているのがBestTeacher(ベストティーチャー) です。

チャットシステムでの24時間365日、隙間時間を使って学習できます。さらに学習の入り方が違いますので「自分が使う英会話」を学ぶ仕組みです。

BestTeacher(ベストティーチャー)

料金の値上げにより、本気で英語力を上げたい人だけが使う本気のスクールになっていると思います。

2014年の英会話スクール業界の変化の一つは、消費税増税もありやや値上げするスクールが増えています。過度な価格競争から、質の違いで勝負する転換時期に差し掛かった気がしますね。

【2013年】第1回オンライン英会話スクール比較 BestChoice賞の発表

当方、2014年度の年間賞の選定準備にそろそろ取り掛かっていますが、よりサービス内容の違いを重視して選ぶことになりそうです。

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ