進化するオンライン英会話スクール、Best Teacherでは出版社と提携して試験対策コース!

オンライン英会話スクールも各スクールともどんどん進化しています。

進化という意味ではバージョン管理されているBestTeacher(ベストティーチャー) さんが一番わかり易いですね。この記事を書いている時点でVersion6になっています。

 

BestTeacher(ベストティーチャー) さんとは過去に運営者様とインタビュー企画で対談したことがあります。

非同期メソッドと自分だけの教材が特徴のオンライン英会話ベストティーチャー(Best Teacher)さんに突撃インタビューしてきました(前編)

当時から、他の英会話スクールにはない「自分の言いたいことを学べる英会話」として注目していました。

仕組みが違う点は、まずは「講師と一緒に会話文を作成するパート」があります。私自身、オンライン英会話スクールを続けていますが、レッスン前に予習をしているのとしていないのでは、理解力や充実度が全然違います。

その仕組みを「スキマ時間」という忙しい方にもピッタリな時間で出来るインターネットの便利なところを利用しているのがBestTeacher(ベストティーチャー) です。

これは言っていいのか分かりませんが、運営者さんは元電波少年のトキワ荘に出たこともある方で、インタビュー時はイキイキとしたベンチャーらしいやる気を頂きました。

和製栄養ドリンクこと「ライジン」を飲みながらインタビュー企画をしたぐらいです。気合いの入りようが違います。

オンライン英会話スクールでも4技能をバランスよく学べる仕組みがあるのはBestTeacher(ベストティーチャー) だと思っています。今回はさらに試験対策コースが加わりました。

学習方法はそのままに、内容が出版社とのタッグで充実したものになっていると感じます。

オンライン英会話スクールを試してみたけども「単なる会話」だけでなく、自分の成果を感じる学習がしたい!というかたにBestTeacher(ベストティーチャー) をオススメします。

 

月額9,800円と価格だけで横比較すると、オンライン英会話スクールでは高く見えますが、月1万円で成果を感じられれば安いです。BestTeacher(ベストティーチャー) さん学習の仕組みは英語学習者の仲間でも、結論として伸びる方法です。

ホームページ見ていると、過去にお会いしたことある松本秀幸さんも一時期受講したことがあるんですね。

英語上級者が、その学習方法の違いを感じている証拠かなと思っています。

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ