2015年度スタートのオンライン英会話スクールが好調!

当方、毎月のオンライン英会話スクールの注目度を調査しています。

accessranking

【アクセス数ベスト10】オンライン英会話スクール注目度ランキング(2015年7月版)

業界図のようなものの把握であったり、年間を通してBestChoice賞なんて感じのオンライン英会話スクールの独自調査での結果などを用意することで、見てくれる皆さんにより良いスクールを選んで欲しいと思っています。

そんな中、2015年スクールの比較的新しいスクールでも、人気度・注目度の点で好調になっていますので、老舗や大手というだけで決めないで、とりあえず新しいスクールも試してみて欲しいなと感じます。

今回、注目度が急激に上がっている2つのスクールを紹介します!

ECCオンライン英会話
ECCオンライン英会話

ECCと冠が付いているだけで注目度は上がるでしょう。

ECCはもともとオンライン講座もネイティブx日本からの通信で行っていました。2015年からスタートしたのはフィリピン人講師を利用した格安系スクールです。

個人的にもECCオンライン英会話は利用しましたが、クオリティの違いには驚きました。

ECCオンライン英会話の特徴・評価・体験談など詳細情報

この記事を書いている時点でですが、総合評価として当方1位としています。実際、スクールをスタートしてすぐに体験したので、講師や運営が気合の入っている時期だったから評価が上がったかもしれませんが、普通の格安オンライン英会話スクールに比べると、やはり組織的にサービス力が違います。

恐らく、現地にECCクオリティを持ち込むために運営側がしっかりしているのでしょう。体験レッスンを受けてみるとその気配が感じ取られました。

ECCオンライン英会話の参入は、英会話スクール大手の格安オンライン系への参入という意味ではジオスオンライン に続く形です。この2つあたりと、オンライン専門大御所オンライン英会話レアジョブを比較してみると面白いかも知れません。


NativeCamp(ネイティブキャンプ)

もう一つがNativeCamp(ネイティブキャンプ)になります。

ネイティブキャンプはオープン当初からβ版による長期間の無料サービスやリアルタイム予約が話題でした。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)の特徴・評価・体験談など詳細情報

そろそろいろいろなレビューや体験が出てきて、サービスの質が見えてくることです。本格サービスも始まっているので、特にリアルタイム予約が便利と感じる人には良いスクールでしょう。

隙間時間を利用して気軽なチャット英会話をしたい方には、一番使い勝手のいいスクールだと思います。一方、まだまだシステムに慣れない方や、レッスンの質などを不安視する方も多いです。

ただ、格安系となると「英語を話す環境つくりが目的」のところが多いので、後腐れない会話であったり、自分でやりたいこと用意していくスタイルのほうが良いのかもしれません。

個人的にはカランメソッドのような独自カリキュラムが出来て、ゲームをこなすような仕組みになればかなり流行ると思っています。実はこの辺りは運営さんにベータ版の時フィードバックしました。運営さんは頑張ってそうなので、魅力あるものを作って欲しいですね。

【アクセス数ベスト10】オンライン英会話スクール注目度ランキング(2015年7月版)

現状のオンライン英会話スクールに少し不満がある方や、過去にやってみたけどどうも合わなかった方など、とりあえず2015年スタートの新しいスクールを無料体験してみると、また違った見方ができるかもしれません。

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ