Frozenの洋書が売れている、洋書部門でもよく顔を出すディズニー

私はよく売れている洋書を確認する時にアマゾンを確認しますが、映画人気でFrozenの小説が売れています。

Frozen Junior Novelization (Disney Frozen)
RH Disney
RH/Disney (2013-10-01)
売り上げランキング:2位
価格:¥ 492

ディズニー映画の小説版は結構でていて子供向けに作られているので読みやすいです。

中にはカラーのページなども入っていて映画を見てからこの小説を見るととても読みやすくペーパーバックで英語学習をと考えている人に入門としてオススメします。

映画で内容がわかるので安心感があるのが最大の特徴です。

アマゾンでも何の影響でそこまでこの本がずっとランクインしているのか分かりませんが「Holes」がずっと上位にいます。

Holes
Louis Sachar
Yearling (2000-05-09)
売り上げランキング:16位

私も多読をするなら最初の目標本としてオススメしているので頷けるのですが、このHolesもディズニーが映画化させているんですよね。アニメとかではなく実写映画です。

映画から原書や、それに準じた洋書を読む作戦はオススメです!原書の場合はじっくり削られてないところも読めるので優越感もあったり内容を深く知れます。

Hard Choices
Hillary Rodham Clinton
Simon & Schuster (2014-06-10)
売り上げランキング:14位

その他、話題作としてランクインしているのがヒラリー・クリントンが最近出した本です。外国ニュースとか見ている人は本を出したことを知っていると思います。

日本でのレビューはありませんが、アマゾンだと米国のレビューも見えて評価が低いのが面白いです。洋書だけでなくアマゾンの英語のレビューを読むのも結構面白いですよ!

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ