【多読】いよいよThe Lord of the Ringsに挑戦

最近、スケジュールの関係でなかなかオンライン英会話スクールは進まないのですが多読はほそぼそと続けています。

ようやくロード・オブ・ザ・リングに挑むことにしました。

3作読むとかなりの量なので大変なのですが、昔と違って今はkindleがありますので多少の難しい語彙はさくっと調べればスムーズに読めます。

kindleが日本でも手軽に手に入るようになったので多読の方法も少し様変わりしていると思います。

昔は「やさしくたくさん」という部分があり多読3原則と言われるものに私も賛同する部分はありました。ただ辞書は引かないという部分は、私は少しは辞書を引いてもいいと思っていました。その為、電子辞書を片手にペーパーバックを持ち歩いていました。

タドキストへの道vol.26 -辞書を引かないという行為 –

多読の方法としてとにかく物語などの読書のスピードを削がずに、多くの文字に触れて英語で内容を理解することを重ねることが条件だと思います。

kindleが出たことで単語を長押しすれば簡単な訳が出てくる今は、多少背伸びをした本も読みやすくなりました。

ロード・オブ・ザ・リングをいくら超大作で面白いからといっていきなり挑戦することはオススメしませんが、昔に比べるとkindleの力を借りて挑戦しやすくなったと思います。

その為、洋書選びでも難易度より面白さや楽しさに焦点を当てて評価されてもいいのかなと思っています。

英語学習以外が忙しくなった時に助けてくれるのはいつも多読です。

やはり多読を英語学習法の1つに入れることは正しいと思うし、楽しいので少しでも多くのタドキストを増やせるようにもう少し初心者に分かりやすく導入方法を解説できるページを作らないといけないなと思いますね。

kindleは便利でいいんだけど便利すぎることで障害になることもあります。いつでも読めるから読まないみたいなことにもなりかねないので注意も必要です。

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ