Amazonのオールタイムベスト児童文学100から読みやすい洋書を紹介 小学1-4年生向け その1

アマゾンが最近日本の書籍のオンライン販売から13年間の蓄積した販売数やレビューから、これだけは読んでおきたい「オールタイム・ベストブック」というのを紹介しています。この度、「児童文学100」が発表されました。

ScreenShot00832

児童文学ということで和書の発表なのですが、原作は英語という本が結構ありました。

多分、ここで紹介されている本の原書は初心者向けの「多読書籍」としてかなりお勧めできると思いますので、その原書を紹介してみたいと思います。

児童文学とは言え、英語学習者が原書挑戦には結構難しい物もあるのでkindleなどの補助を使うことをオススメします。

Kindle Paperwhite(ニューモデル)
Amazon (2013-10-22)
売り上げランキング:3位

それでは紹介していきましょう!私も紹介しつつ読んでいないのは多読候補にしていきます。尚、小学「1-2年」「3-4年」「5-6年」「中学生」とカテゴリ分けがあるので、私も簡単な作品から紹介していきたいと思います。実質、小学生向けでも大人が読んでも十分楽しめるものばかりです。多読学習にとっても良い物が多いです。

My Father's Dragon
Ruth Stiles Gannett
Yearling (2005-12-27)
売り上げランキング:439位

邦題:エルマーの冒険

この本は私も読みました。3部作になっているので気に入れば全部読めば良いと思います。挿絵やカラーリングも重要なのでこちらは電子書籍よりかは紙媒体のほうがオススメです。

英語学習初心者が読む多読本としてはかなりのオススメと思っています。日本でもエルマーの冒険は多くの人に読まれていて、名前は聞いたことがあるけど中身は覚えていない(読んだことがあるのか定かでない)人が多いと思います。

小学1-2年生は他の本は英語版が絶版だったり多言語が原書のため1冊になります。

引続き小学3-4年生から

Anne of Green Gables
L.M. Montgomery
Yearling (1984-10-01)
売り上げランキング:44位

邦題:赤毛のアン

この名作はタイトルを知らない人はいないでしょう。原書を読むと分かるのですが、最初のページのノリから、おっ、これは独特の世界観で期待できるぞ!というものがありました。

女の子の物語ですが、別に男が読んでも悪くない作品です。

邦題:ドリトル先生アフリカゆき

ドリトル先生シリーズは結構出ています。上記のキンドル版はなんと0円です。これはkindle買う理由ができそうですね。やはり動物の名前などがたくさん出てきて面白いのではないでしょうか?古典すぎる部分もあるかもしれませんが無料なので是非!

日本でもドリトル先生シリーズはまだまだ人気なのですね^^

とりあえず3冊紹介しました。まだまだいっぱいオススメ作品がありますので3冊ずつ紹介していきます。

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ