Amazonのオールタイムベスト児童文学100から読みやすい洋書を紹介 小学5-6年生向け その2

アマゾンが最近日本の書籍のオンライン販売から13年間の蓄積した販売数やレビューから、これだけは読んでおきたい「オールタイム・ベストブック」というのを紹介しています。この度、「児童文学100」が発表されました。

ScreenShot00832

児童文学ということで和書の発表なのですが、原作は英語という本が結構ありました。

多分、ここで紹介されている本の原書は初心者向けの「多読書籍」としてかなりお勧めできると思いますので、その原書を紹介してみたいと思います。

児童文学とは言え、英語学習者が原書挑戦には結構難しい物もあるのでkindleなどの補助を使うことをオススメします。

Kindle Paperwhite(ニューモデル)
Amazon (2013-10-22)
売り上げランキング:3位

小学校5-6年、高学年向けです。

ここまで来ると文学賞を取ったものなどやや心理的に深い内容の本も多いです。読む力も試されてくると思います。

Tom's Midnight Garden
Philippa Pearce
Greenwillow Books (1992-10-30)
売り上げランキング:668位

邦題:トムは真夜中の庭で

こちらはカーネギー賞受賞作の傑作。タイムファンタジーの古典という扱いですね。

時空移動の物語はたくさんありますが、こういった古典的有名作品は読んでおきたいところです。しかも子供向けなので読みやすさもあると思います。

Little King December
Axel Hacke
Bloomsbury Publishing PLC (2002-10-07)
売り上げランキング:76147位

邦題:ちいさなちいさな王様

こちらは原作はドイツ語。私はまだ読んでいないのですが読み解くのは難しそうですね。「星の王子様」に似てそうな不思議な魅力がある模様です。

古いヨーロッパ文学にはこういうのが多そうですね。読みやすさとしては章が短いので読みやすそうです。ただ内容を理解するのが難しそうですが・・・

George's Secret Key to the Universe
Stephen Hawking
Simon & Schuster Books for Young Readers (2011-01-04)

邦題:宇宙への秘密の鍵

男の子なら誰もが憧れる宇宙の世界、これはハマれば一気読み出来そうです。

私は出来ればこういう本を子供の頃に目を通す機会があればよかったのにと思いますが、今からでも英語学習の多読で出来ることに感謝して読みたいと思います。

 

小学生高学年となると時空とか宇宙とか、やや世界観が広がるものが多いと思います。その為、大人が読んでも面白そうです。

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ