Amazonのオールタイムベスト児童文学100から読みやすい洋書を紹介 小学5-6年生向け その3

アマゾンが最近日本の書籍のオンライン販売から13年間の蓄積した販売数やレビューから、これだけは読んでおきたい「オールタイム・ベストブック」というのを紹介しています。この度、「児童文学100」が発表されました。

ScreenShot00832

児童文学ということで和書の発表なのですが、原作は英語という本が結構ありました。

多分、ここで紹介されている本の原書は初心者向けの「多読書籍」としてかなりお勧めできると思いますので、その原書を紹介してみたいと思います。

児童文学とは言え、英語学習者が原書挑戦には結構難しい物もあるのでkindleなどの補助を使うことをオススメします。

Kindle Paperwhite(ニューモデル)
Amazon (2013-10-22)
売り上げランキング:3位

小学校5-6年、高学年向けです。その3です。

ここまで来ると文学賞を取ったものなどやや心理的に深い内容の本も多いです。読む力も試されてくると思います。

From the Mixed-Up Files of Mrs. Basil E. Frankweiler
E.L. Konigsburg
Atheneum Books for Young Readers (1998-04-01)
売り上げランキング:1494位

邦題:クローディアの秘密

ちょうど小学校高学年あたりで読みやすく共感できる作品です。ニューベリー賞受賞作。今振り返っても小学校高学年の時期は「秘密基地」を作ってみたり何かその時の感性があります。

この時期は家を出て悪さじゃなけりゃ、色んな事して学びたいですね。

Matilda (Puffin Modern Classics)
Roald Dahl
Puffin (2004-09-23)
売り上げランキング:63位

邦題:マチルダは小さな大天才

ダール作品が出てきました。個人的にはダールの作風は合わないのですが多くの有名児童向け作品を生んだダールなので多読にもおすすめの本は多いです。

そんな中でもMatildaはおすすめの作品ですね。

ロアルド・ダールが書く「大人の圧倒的なまでの醜悪」さを是非楽しんでください^^;

Charlotte's Web (Trophy Newbery)
E. B. White
HarperCollins (2012-04-10)
売り上げランキング:59位

邦題:シャーロットのおくりもの

これまた名作です。作者のE. B. Whiteはスチュアートリトルもそうですが主人公が動物(いわゆる寓話)作品が得意です。

こちらは映画にもなりました。スチュアートリトルのようなアニメ映画でなく純粋に映画も洋書の内容にそって作られていたのでオススメです。

心が温まりますよ!

 

この3作品は私は全て読んだことがあります。どの作品も確かにオススメできるのである程度ペーパーバックが読めるようになったら手にとって欲しいですね。

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ