TOEIC受験前対策、公式問題集vol.6を解いてみました(LISTENING編)

久しぶりのTOEICテストまで一週間を切りました。

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>
Educational Testing Service
国際ビジネスコミュニケーション協会 (2014-11-12)
売り上げランキング:14位

やろうと思っていた公式問題集がなかなか出来ず、1週間前になってようやく使い始めました。ただ、テスト前までには2回分を通したいと思います!

というかテスト前は前日まで、ほぼ時間が取れないので慌ててます(言い訳です)

公式問題集も久しぶりに通して行ったのでレビューします。

LISTENING PART

Part1. 全問正解(10/10)
Part2.  2問間違い (28/30)
Part3. 4問間違い(26/30)
Part4.  1問間違い (29/30)

全部で93/100となりました。

予想レンジは91-95の445-495点という結果に、この辺りなら一先ず900点超えラインなので、久しぶりに受けるにしてはまずまずだと思います。

問題集を解いてみながら「ああっ、TOEICこんなんだな」と感触を掴んでました。

特に私の最近の学習は、オンライン英会話スクールが主流ですので「聞き逃しても聞き直せばいい」「ちょっとぐらい分からなくても会話は続く」といったゆるい環境にいますので、TOEICの1回きりの集中リスニングはやや疲れました。

間違ったところを復習してみて、「うまく問題作ってるなぁ」と改めて感じます。

実際私としては今のリスニング能力をキープしておけば、あまり英語力に支障がないところが問題なんだと思います。TOEICにはまっている人は、結構連続して受験し満点を連続で取ったりもしていますが、個人的にはそこまで求めていないところがあります。

 

とりあえず現状の感触なら900点以上取れるので、少し安心しました。

 

長くTOEIC対策なんてしてなくても、オンライン英会話スクールで楽しんで英語に触れておけば、十分英語力の維持になります。

 

また最近のTOEICテストはやや訛った英語も出てくるので、フィリピン人英語の少し聞き取りにくい英語を聞くのも実は効果あるんじゃないかと思うぐらいです。

 

同時にREADINGパートも通して行いましたので、感触をレビューします。

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

やはりTOEIC向け学習には、まずは公式問題集をオススメします。

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ