発音が似ている単語 abundant と abandon

英語を学習していて、気になった英単語を取り上げるコーナーです。

今回はabundantとabandon。
この2つの単語は品詞も意味も全く持って違いますが
自分としてはどうしてもスペルが完全思い出せない二つです。
微妙に良く使われる単語ですので、復習したいと思います。

では、リンク先かFirefoxアドオンPronounceを使って発音を聞いてみましょう!

abundant
━━ a 豊富な, あり余るほどの ((in)).
abandon
━━ vt. (見)捨てる; 【法】遺棄する; 断念する; 放棄する; ゆだねる ((to)); (身を)まかす; (船舶・貨物を)(保険)委付する; 【法】(要求・上訴を)取り下げる.

実はこの2つ発音に対するトピックがたくさん詰められているなぁ
と思って取りあえげました。うまく聞き分けられたら
発音はかなり大丈夫だと思います。

1つめは3文字目の
「a」と「u」ですね。
ここははっきしと発音の違いが聞き取れると思います。
この違いは非常に重要ですので、是非マスターしておいたほうがいいです!

2つめは
dの後の「a」と「o」です。
この二つは曖昧母音といったらよいのでしょうか?
子音のなかに曖昧に発音されます。つまり同じ発音です。

最後に
abundantの最後の「t」の音がちゃんと聞けているかですね。
舌打ちするような音になってると思いますが、
この音をしっかり出しているはずです。

一応、語源を確認しておくと

abundantは
ラテン語語源で「ab-」(~から)「-unda」(波) 「-ant」
で「波があふれ出るほど」と言う所から来ているようです。
ちょっとややこしいですね。

abandonの方は
フランス語語源で「a」(~の下に)「+bandon」(管理)
で「管理下に置く」から来ているとか?
語源からと全く真逆の意味になってるんですが…?

ちょっと意味の推測には使いにくいですが、区切りを意識しておくと
スペル間違いも減るのでは、と思います。

今回のように取り上げた単語類は、今後iKnowの自分が作ったリスト
に加えていきたいと思います。
発音が似ている聞き分け単語集
自分と同じような感覚を持っている方は、是非練習して耳を鍛えましょう!

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ