【病気を説明するときの英単語】代表的なsickness,illness,diseaseの使い分け

なんとなく私の印象ですが、学校英語では「病気」ってdiseaseと習うと思います。
ただ、逆に実践的にはdiseaseを使う場面って、そんなにないような・・・

そしてどちらかと言えば症状を説明することが多い(have a cold, have a feverのような)のでここでのまとめが役に立つかは分かりませんが、なんとなく使い分けの感覚は知っておいて損はなさそうです。

sick

disease

disease は「病気、疾患、~病」という意味になります。
特定の病気命にかかわるような重い病気伝染病などの場合に使われることが多いです。
先日、手足口病を紹介しましたが、手足口病も伝染病ですね。

なんとか病の時に利用するのがdiseaseなので、学校英語では「病気=disease」の図式なんでしょうね。

例:heart disease「心臓病」:contagious disease「伝染病」

contagiousという伝染という単語は洋書読んでいてもよく見ます。長い単語ながら出現頻度高いです。

illness

illness は「病気、体調不良、気分の悪さ」といった意味合いです。
長期の病気や精神的な障害の時に使われます。体や精神のどこかが「悪い」というイメージです。
he is ill.なんて「彼は病んでいる」みたいなイメージですね。sickも近いですが・・・

例:mental illness「精神疾患」

sickness

sickness も「病気、体調不良」という意味ですが、症状は軽めの頭痛や風邪、吐き気などをさします。症状の重さ、期間、慢性か急性かは問いません。
illness よりも口語的で話し言葉でよくつかわれます。 illnessとsicknesは近く、どちらを使ってもOKな場面は多そうです。

例:motion sickness「乗り物酔い」

ちなみにnadyはフィリピンで車酔いになり、car sicknessというと看護師が「?」でした。motion sicknessみたいです。というかフィリピンでは車で酔うなんてありえるのか?ぐらいの勢いでした。

 

 

3つを比較してみましたが、比べてみても結局は場面場面でどれを使っているか体験するほうが覚えやすいと思います。

会社休みたい時は「sickness」。ちょっとやばいなと思うと「illness」。diseaseは口語的にはあまり使わない気がしますが病名系の時に使いますね。

海外ドラマ「フレンズ」では全ての使い分けがあったと思います。

ジョーイの性病ポスターに「disease」使ってました。普段の病気シーンでは「sickness(こっちが多い)」「illness(精神病、恋でクレイジーな時)」でよく使われていた印象があります。

vdillnessnotsick

VD=Venereal disease illnessで検索 sick

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ