2010年度Newモデル登場、英語学習向け電子辞書最新事情。

先日、大手電気量販店に足を運び、電子辞書をチェックしてきました。
機能も随分上がっているようで、
特に学生のお子さんを連れたファミリーがチェックしていました。

家電芸人並に、私も英語の電子辞書に関してはいろいろ調べて
詳しいですので、2010年度版の比較記事を書きました。

【電子辞書の選び方 2010春版】オススメの英語学習者向け電子辞書はどれか?
是非、購入比較時の参考にしてください。

今回特にベスト1に選んだカシオの製品は凄いと感じました。
今まで英語モデルでは一歩セイコーに譲っていたのですが、
収録辞書を充実させたことで、機能面で勝っていた部分が引き立った感じです。
2010年に出したフラッグシップモデルは暫く最高の1機種になりそうな気がします。

CASIO Ex-word 電子辞書 XD-A10000 フラッグシップモデル ツインタッチパネル 音声対応 150コンテンツ 日本文学300作品/世界文学100作品収録 Blanview (ブランビュー) カラー液晶搭載
CASIO Ex-word 電子辞書 XD-A10000 フラッグシップモデル ツインタッチパネル 音声対応 150コンテンツ 日本文学300作品/世界文学100作品収録 Blanview (ブランビュー) カラー液晶搭載

価格は5万程度なので、ちょっと高いですが、
現在自分が選ぶならこれを買っちゃうかもしれません。

とは言っても人それぞれ予算があると思うので
比較記事を参考に選んでみてくださいね(2万円台で買いたいですよね)

2 Responses to “2010年度Newモデル登場、英語学習向け電子辞書最新事情。”

  1. こけし より:

    僕はこのカラーモデルシリーズの社会人向けモデルというのを買いました。8500だったかな、確か。
    とても見やすくていいです。
    世界の文学選集気に入って使っています。ちょっと空いた時間に読むのにいいです。しおりも挟めるし。
    いいですよね、カシオの電子辞書。

  2. ran より:

    おお、最新版のカシオの電子辞書お持ちなのですね。
    羨ましいです。

    うちにもカシオの電子辞書があるのですが、
    白黒液晶なんですよね、音声も非対応だし…
    壊れるまでは次のは買わないと思いますが
    嫁も医学版のXD-A5900MEDが凄く欲しいといっています。。。

ran にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ