CASECを受けてみました(3回目)

5月にTOEICに向けて、現状での実力把握として
英語コミュニケーション能力判定テスト「CASEC(キャセック)」

を受けてみました。CASEC自体は2年ぶりぐらいの受験になります。

自分のTOEICの戦歴でのグラフ結果を見ても
分かるようにCASECは結構TOEIC予測点数にマッチしているため
家で実力試しをするには最適だと思います。

受験料は3,500円と、1時間程度で終わる試験にしては
高めですが、TOEICを一回受けるかどうか?
というのと気軽さで、受けやすいというのは良い点だと思います。

肝心の結果ですが…
CASEC三回目.JPG
TOEIC予想スコアは720点との事でした!
900点目指しているのに、前回TOEICより劣る結果…

一応アドバイス文も付いていて

語彙力:物語などを読み大まかな内容をつかんだり、Native-speakerと意思疎通をはかるための語彙力があります。
さらに語彙力を高めるためには、日常生活に使われる単語だけではなくニュースや専門書に出てくるような低頻度の単語も学習しましょう。頻度情報が載っている英英辞書などを参考にするのも良いでしょう。

表現力:日常生活に必要な表現や、社会生活で交わされる基礎的な表現は理解できています。
次の段階としては、社会生活で使用する表現をさらに増やし、口語表現なども増やしていきましょう。また、日本語訳は似ていても、”catch sight of”と”find out”のようにはっきりと使用する場面が違うものがありますので、注意して学習しましょう。

聴解力:Native-speakerが普通スピードで話す比較的広い範囲の話題についての会話を聞き取り、概要及び詳細が理解できます.
会話中で直接言及されていない内容でも、聞き取った内容から話題を類推することができます。ただし、情報量が増えると一部聞き逃してしまうことがあるので、聞こえてくる内容を即座に理解できるよう心がけましょう。それには、普通スピードで話される数分間の英語を集中して聞き取る練習が効果的です。

と、まぁそんなものかって感じです。

気合を入れて勉強していない結果がモロに出たと思っています。
本番TOEICまで2ヶ月ありますので、もう一度引き締めて
TOEICターゲットの勉強もしたいと思います。

CASECやってみて、まだまだ知らない単語、意味が曖昧な単語も
多いなぁと感じました。
現在CNNニュースのメルマガを書いていても、結構知らない単語
多いなぁと感じています。

ちょっと5月のTOEICが不安な状況ですが、
早く900点以上を取りたい気持ちも大きく、もっと頑張ります!




▲すぐに実力把握できるテストとしてオススメです。

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ