オンライン英会話、8月の人気度ランキングを発表!産経オンライン英会話が急上昇の理由は?

8月のオンライン英会話スクールの人気度調査を掲載しました。

【アクセス数ベスト10】オンライン英会話スクール注目度ランキング(2015年8月版)

今回は圏外からいきなり産経オンライン英会話 がランクイン!これは何かあったに違いないと調査してみました。

sankeitextbook

恐らくこれでしょうね。

業界の大手で初となる、中学校の教科書に準拠したテキストを提供しています。

社会人になってしまった自分からすると、指導要領のタイトルを見るだけで敬遠気味なのですが、恐らく需要はかなりあると思います。中学生ぐらいのうちに、オンライン英会話スクールを使って家で実践的に英語を話しておけば、学校の授業でも優越感に浸れて上達も早いと思います。

特に、学校のつまんない(こらっ)授業に比べると、オンライン英会話は実践的なワンツーマン授業ができます。恐らく楽しく身につけることができるので、そこで習う内容が準拠してくれればさらに使いやすいですね。

産経オンライン英会話 は独自のGCATという認定試験を導入するなど、やはり大手らしいきめ細かいサービスの充実度があります。

後追いのオンライン英会話サービスだったので、個人的にどうかなと思っていたのですが随分と独自性のあるサービスが増えてレベルアップしていると思いました。当方も、評価し直しが必要かなと思っています。

中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。
山田暢彦
学習研究社 (2011-04-13)
売り上げランキング:620位
価格:¥ 2,484

 

社会人のやり直し英語でも、まずは中学英語をやり直せばある程度のことが出来ると、本などで評判の高いものが多いです。私もこの流れには賛成で、結構中学校の3年間で英語はいけると思っています。

というか学校の3年間ぐらいの授業で基礎というかベースを作っておき、後は実用的に取り入れていくのがベストですね。産経オンライン英会話 の試みは、実用的なものを最初から取り入れるのでもっとオススメです。

独学とセットにして継続できれば心強い気がしますね。

産経オンライン英会話

まずは無料体験ですね。普通に塾行くよりは楽しいので中学生には続けて欲しいですね。

産経オンライン英会話に親子共有プラン出来ればいいのに・・・。子供がやらなかったら、親がやるという、子供の責任は親が取るみたいな(笑)

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ