ネイティブの先生が良いか?フィリピン人の先生が良いか?

こういった議論は、それぞれの人が感じ取ればいいことなので不毛な議論かもしれませんが、私は多くのオンラインスクールを比較してネイティブの先生もフィリピン人の先生も体験しているので、この辺りで1回まとめておきます。

まず注意したい部分は、ネイティブ、フィリピン人というひとくくりにしてしまうと、それぞれに講師として適任であったり、違うなと感じる部分があることを前提にしたいところです。

その上で、一般的に言われるネイティブとフィリピン人のそれぞれのメリット・デメリットを今までの経験も合わせてまとめてみます。


まずはネイティブ講師のメリット

・発音が慣れ親しんだきれいな発音
・ネイティブ文化を知っている。
・教科書的でなく自然な英文に強い

ネイティブ講師のデメリット

・一般的に料金(人件費)が高い
・自分たちは出来る言語を教えているので、鼻につくときがある

やはりネイティブ講師を求める人の一番の目的は慣れ親しんだ発音とネイティブ圏の自然な英語を感じ取れる部分だと思います。そのことによる安心感が違います。

フィリピン人とのレッスンで相手の文法とかのちょっとした間違いに敏感になりレッスンに充実感を感じない方はネイティブ講師を選んだほうが良さそうです。

主なデメリット面は料金ですね。これは学習の継続の面ではかなり重要です。お金がある人はネイティブで安心感を買うという人が多いと思います。

私の場合はデメリットの最後に挙げた、なんとなくネイティブ講師は偉そうに感じる部分が苦手です。ただ、そこはコンプレックスにしてもっと頑張ろうと上手く持っていくためには重要です。

ネイティブ講師とのレッスンが可能なオンライン英会話スクール


フィリピン人講師のメリット

・料金が安い(人件費が安い)
・ホスピタリティが良い
・学習して英語を身につけている点

フィリピン人講師のデメリット

・発音が訛っている人が多い
・英語学習をしてきた日本人にとって、たまにある文法エラーに不安を感じる

フィリピン人から教わることに対する不安は英語の質の不安だと思います。実はアメリカの調査会社によるビジネス英語力を国別で指標にした結果を見るとフィリピンは高いです。

フィリピン人の英語能力、世界的なビジネス英語のグローバル調査結果から

それでも、まだまだオンライン英会話スクールで微妙な講師がいると感じるのはスクールによっては講師の採用基準や研修体制が弱い部分があるかもしれません。

ただ全般的に見て私はネイティブ講師よりフィリピン人講師の方が英語学習者が継続してレッスンを受けるにはメリットが高いと思っています。

フィリピン人講師が主に在籍するオンライン英会話スクール


ネイティブ講師とフィリピン人講師を比較してみると、互いに相反する部分がメリット・デメリットになっていることに気づくと思います。

その為、比較して感じるオススメのやり方は価格の安いフィリピン人講師で継続したレッスンを受けて、実力試しの意味も含めてネイティブ講師とやや期間を開けてレッスンする機会を設けるといった互いのデメリットを補う形がベストではないかと思いました。

英語はネイティブ圏だけではなく国際標準語として、多くの国で使われています。その為、どの国がいいといって限定するよりも、それぞれの国のいい部分を組み合わせることが大切かなと感じます。

DMMオンライン英会話
DMMオンライン英会話

一気に急伸しているDMMオンライン英会話はフィリピン人講師を基本にしていますが、ネイティブ講師も受講できるようになっているのはやるなぁと感じます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ