お金・学歴・海外経験 3ナイ主婦が息子を小6で英検1級に合格させた話

私も子供を持つようになって、子供に英語をどうやって上達してもらおうか悩んでいます。

お金・学歴・海外経験 3ナイ主婦が息子を小6で英検1級に合格させた話
タエ
朝日新聞出版 (2014-10-07)
売り上げランキング:23353位
価格:¥ 1,512

 

ごく普通の主婦がどうやって子供を小6で英検1級レベルまでさせたかということが載っています。

全編を通してやや遠慮がちな書き方でした、結構読む人の嫉妬感を配慮しているなぁというイメージです。

結論からすると「無理強いさせるようなことはしなくていい」、英語よりも素地というか価値観とか、視野を広く持てるようにいろいろ経験させてあげる、「英語を勉強にさせない」あたりでしょうか?

方法としては、私自身が海外経験などなしに英語力を上げてきたものが、いろいろと上がっていたので結局は大人も子供も似たような感じだと思います。ただ子供は、興味が無いとやらないので、そっと興味がありそうなものを接しさせてあげる感じでした。

「とにかく多く語りかけてあげる」

母国語でも英語でも、親子間のコミュニケーションは多く取るというのは重要かもしれません。DVDとか多読とか一方向なものばかりではなく、親の時間は取られてしまいますが、双方向のコミュニケーションの方が面白いのは当たり前です。

あとは結局、インプットの量がそれなりにないと厳しそうだなぁと思いましたね。大人でもあまりにもインプットの量が少ない人が、ちょっとやっただけで英語はしんどいとやめてしまう人が多いです。子供なら、興味さえ持てば何度でもすると思いますが、そこまで持っていく手腕というか少しの努力は必要かもしれません。

私も高額なスクールに通わせるような財力は残念ながらありませんが、この主婦よりは英語は多少出来る点でアドバンテージはあるような気がします。外国人の方と親が積極的にコミュニケーションをしている姿を見せてあげて、子供にも興味を持って欲しいですね。

我が子はようやく1歳半で、2語発話出来るようになり、多少発語は早いようです。やはり親が結構話しかけているのが効いていると思います。

お金・学歴・海外経験 3ナイ主婦が息子を小6で英検1級に合格させた話

子供向けの教育本にしては読みやすいと思います。多少ですが洋書リストやDVDなど参考になるデータも載っています。洋書は私も読んであげたいですが、最近自分がkindleにしたので、本を買うのが結構お荷物になるなぁと感じる部分も・・・

まぁ、あまり意識しすぎず伸び伸びと育ててやるのが一番かもしれません。

ついつい英語ブログなどを運営すると、「子供にも英語できさせないと」という気持ちが強くなりがちです。気をつけたいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ