くまのプーさん 小さなしあわせに気づく言葉 (PHP文庫) [文庫]

先日紹介した「くまのプーさん」と一緒に中国思想を読む本を買いました。

老子も荘子の本が最近出たのですが、
私は「菜根譚」バージョンで去年でた方を買いました。

くまのプーさん 小さなしあわせに気づく言葉 (PHP文庫)
くまのプーさん 小さなしあわせに気づく言葉 (PHP文庫)
PHP研究所
PHP研究所 (2011-09-03)
売り上げランキング:1306位

老子、荘子の方はタイトルが「心がふっとラクになる言葉」でして、
個人的にはそんなに心が苦しいわけではないのでこちらに。
中身をパラ見しましたが「老子、荘子」の方が哲学的で文が難しい気がしました。

この本、英語対訳があることで英語学習者にもオススメしたいのですが、
残念ですが英語学習書ではないので、そちらには置いていません。

私の使い方としては寝る前に洋書を読んでいるのですが、
洋書読みに疲れると、この本をパラパラ見る感じです。
「菜根譚」を解説した本は本屋さんに他にもありましたが、どうもお難くて読む気になれなさそう。

そういった点でこの本は非常に優しく書かれていて分かりやすい。
そして英語対訳もついていて勉強にもなる、一石二鳥のお得感があります。

せっかくですので、ちょっと中身を紹介すると

目次部分

Picture 628
100個以上の心が洗われるような言葉があります。

マイページ毎に可愛いイラストと日本語、英語での文があります。

Picture 629

全面カラーでとっても見やすく、イラストが可愛いです。
個人的には別にプーさんファンでもないんですが、イラストだけでも価値がありそう。

その下の文が易しく書かれているのですが、それでも心に染みることが多いです。

基本的に「菜根譚」ってタイトルのように粗食の精神というか、かみ締める精神が多いです。
スティーブ・ジョブスのStay Hungryに近いところもありますね。

私は現代社会のサービス過多というのもは結構、問題視していまして、
こういった思想は非常に参考になると思います。

くまのプーさん 小さなしあわせに気づく言葉 (PHP文庫)

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ