マンガでわかる! TOEICテスト990点満点獲得法

たまに書店を覗いては、やはり英語関係の棚に行ってしまう私。
久しぶりに書籍レビューをしてみたいと思います。

マンガでわかる! TOEIC®テスト990点満点獲得法
マンガでわかる! TOEIC®テスト990点満点獲得法
高橋 明子
宝島社 (2012-07-28)
売り上げランキング:104209位

この本は、前回TOEIC向けの対策本(特急シリーズ)を買った時に平積みされていて目についた本です。

「マンガで990点とれたら苦労しねぇよ」って、いわゆるタイトルにTOEICってつけて売ろうとしている魂胆な本だと思ってチェックしてみました。

そういう悪い目線でこの本を読んでみましたが、結構中身は面白く書かれています。
やっぱりマンガがあると読みやすいですね。中にはフレンズのキャラクターの絵があるのですが、なんとなく特徴掴んでいて面白いです。

DVDをずっと見ているだけで990点には無理があると思いますが、本の中でもかかった時間を3年と正直に書いているところに好感が持てます。(タイトルはきっと出版社の意向も含んでこうなったんでしょうね)

私の意見は結局ゆるく学習したら、それだけ目標には時間が掛かるし、頑張って学習すれば目標ポイントの到達は早くなります。でもいずれにせよ、どこかで挫折せず継続するのが英語学習には大切なので、なんとか楽しく学習するコツをこういった本からも掴めるといいかなと思います。

本の中で「これいいかも!」と思ったのが「ポータブルDVDプレーヤー」の活用です。

私はフレンズを繰り返し見ていますがリビングのTVで、TVとDVDプレーヤーの電源を付けるのも少し手間だと感じています。別に大画面で見たいと思ってないので、こういったお手軽なポータブルDVDプレーヤーは活躍しそうです。

また英語学習者にはDVDの機能である字幕切替が必須だと思うのでこういうのが一台あると隙間時間の活用がより深まりそうです。

値段も5000円をちょっと超える程度でお手軽なものが買えますね。
海外製の安いものを使い倒す形でいいと思います。

今だったらタブレット機なんかでHulu を活用するのもいいと思いますが、
Huluは英語学習者向けのサービスではないので、英語字幕の提供が遅れ気味だったりと
もう少し英語学習者には頑張って欲しいという点があります。

でもHuluだとポータブルDVDプレーヤーよりももっと環境面では便利になるかもしれません。

さらには持っているDVDをパソコンでエンコードしてipodやandroidのアプリなどを利用して字幕を切り替えて見ることも出来るようなのですが、エンコードに時間が掛かるなど私はそこまで環境整備に時間を掛ける気に慣れないままです。

やはりHulu に頑張ってもらうのが一番の近道ですね。

少し話がそれましたが、たまには英語学習系でやんわりと読める本を手に取るのも英語学習に視点を向けられているという点でいいと思います。

マンガでわかる! TOEIC®テスト990点満点獲得法

他にも多読に近いことなど、趣味として楽しめそうな英語学習を主に載せている感じです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ