2014年を振り返るEQG(English Quest Group)5大ニュース

年の瀬も迫ってきました。TVなどでは2014年の総まとめ的な番組も増えると思いますので、このサイトでも振り返ってみたいと思います。

名付けましてEQG2014年5大ニュースです!
自分ながらの振り返りと、これを基に2015年も頑張ろうと思います。せっかくなので皆さんも良かったこと、残念だったことを2014年中に振り返ってみるといいかもしれません。

その1.通訳案内士資格取得

ranも通訳案内士の資格を取りました。ガイドとしての登録もすましたので一応、通訳案内士として働けるようになっています。これといってこの仕事に向かっていく予定ではないですが、新しい仕組み作りの第一歩のつもりです。

Picture-824

せっかく取った資格はやはり活かしたいものです。

その2.多読1000万語突破

当方の英語学習は2006年頃から始めていますが、その中の一つ多読で1000万語を突破しました!英語学習初心者の方がまずは目指す目標として100万語ですので、その10倍です。塵も積もれば山となるという言葉がありますが、正に積み重ねた結果が振り返ると気持ちいいです。

tadoku

2014年は残念ながら多読量は落ちました。言い訳すればいろいろありますが目標は150万語以上だったので全然ダメです。攻めて100万語は超さないとタドキストとは言えませんね。

多読王国

多読王国の発展のためにももっと頑張りたいと思います。

その3.オンライン英会話スクール比較サイト メディア掲載

オンライン英会話スクール比較サイト Best Choice でオンライン英会話スクールの比較を行っていますが新聞社より取材を受けました。

当方としても業界が健全な形で発展欲しいため、私の知る限りでの情報を伝えました。今回はトラブルも有りますよという内容ですが、基本的には私は今の英語学習は本当に便利で、自宅に居ながら低価格で英会話レッスンが出来る時代です。

多くの方が上手に活用して、楽しみながら英語学習する環境がより整えばと思っています。凌ぎを削っているオンライン英会話スクール業界の動向は今後も目が離せないと思っています。

業界ではレアジョブの株式市場上場も2014年の大きな出来事だったでしょう。

その4.Chromecast発売、新しい英語学習環境構築へ

まだまだ活用できていませんが、TVを用いた英語学習環境の第一歩だと思っています。私の英語学習の方法で「DVD学習法」というものがありますが、そろそろメディア転換されていい頃だと思っています。

映像学習という意味では「英語字幕・日本語字幕」「英語音声・日本語音声」が全て揃っていて切り替えが簡単に出来、コンテンツでいいものがあればかなり強力な英語学習教材になると思っています。

この技術革新は更に追っていきたいと思います。

Google,Apple,Amazonの活躍に期待です。日本企業にも本当は頑張って欲しいのですがね・・・

超字幕あたりが頑張るでしょうか?

その5.1年間の英語学習目標未達

最後に残念なお知らせです。

当方が年初に目標と掲げていた学習時間300時間、多読150万語はいずれも未達という結果です。目標未達成は素直に反省して、翌年の目標設定を行いたいと思っています。

出来ない数字ではなかったはずですが、出産や引越といったライフイベントも多かった年でした。でもそういったイベントが多い中続けていける人が成長できる人だと思っています。

具体的な問題点は、オンライン英会話スクールを一時期中止したのが痛かったです。

1周間に2~3回、25分程度なら絶対に時間を作ることが出来るはずです。これぐらいのペースは崩さないように頑張りたいと思います。

 

以上、2014年の5大ニュースでした。2015年も新しい目標で頑張りたいですね!

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ