快適な英語学習環境の構築(学習場所編)

シリーズ的に快適な英語学習環境について考えてみたいと思います。

私の英語学習に対する大事な3つの要素として「適度な負荷」というものがあります。英語学習環境をより良いものにすることで、英語学習に対する余計な負荷がなくなることで学習が捗るのではないかと思っています。

今回は学習場所です。人によって自宅の自分の部屋で学習するほうが集中できる人やファミレスやカフェ、人がそれなりにいるところのほうがやる気が出る人がいるのではないでしょうか?私とnadyの差でもそれはあります。

個人的に2タイプに分かれていると思います。
1.頑張っているところを人に見られたくないタイプ(私は一人っ子です)
2.一人だと頑張れないタイプ(nadyは3人兄弟)

兄弟がいるいないで結構変わってくるのかもしれませんね。

1のタイプの人は私はですので、その上でオススメ出来る部分を紹介します。

一番効果が高いのが机の置き方です。

image_1358_1

理想的な机の配置に関して書いてあるページが有りました。まさにこれだと思います。

1.背面が壁(俺の背後に立つなの発想)
2.入口が視界に入るような向きで(入り口の真向かいも微妙)
3.窓は遠目に(光の加減もあるので)

結構イメージとして入り口を背後に壁や窓側にベタッと机を向けてというのが理想的な配置として紹介されたりしますが、集中力を考えると私は良くないと思います。

そのほうが部屋が広く見えるから、不動産関係はそういった紹介の仕方をするのかもしれません。

オススメはいわゆる社長机風ですが、私はこういった机の置き方が理想だと思っています。後は5S運動ではありませんが、机の上は広く余計なものをおかない習慣ですね。作業する場所はなるべく開けておくほうがスムーズに作業に入れます。

2のタイプの人は、私には分かりませんが、例えば家の中だったりするとダイニングテーブルでの作業がし易いといいます。

逆に下手に学習机を用意せずに、作業場を開放的な空間に作ることが望ましいのかもしれません。

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ