イード・アワード2012 英語教材部門

英語教材の満足度を調査した結果としてイード・アワード2012というものが発表されました。

イード・アワードとは?

顧客満足度調査により英語教材を表彰する「イード・アワード2012 英語教材 顧客満足度」を下記のとおり発表いたします。市販の英語教材について、「購入検討時のわかりやすさ」「購入のしやすさ」「教材のわかりやすさ」「勉強のしやすさ」「ブランドに対する信頼度」「教材の効果」「価格の満足度」「サポートの満足度」「総合満足度」を5段階でインターネット調査しました。

英語学習教材選びの参考になるかもしれないので紹介しておきます。

イード・アワード | 英語教材部門

総合満足度、最優秀賞はロゼッタストーン / RosettaStone です!

やはり認知度のある英語教材の中ではロゼッタストーンが一番満足度が高い模様ですね。
私も実践している人からロゼッタストーンは値段が高いけど楽しいし効果あるとよく聞きます。

総合満足度の優秀賞が2点です。

『スピードラーニング英語』

スピードラーニングは「聞き流すだけ」の先駆者で満足度もそこそこなんですね。
TOEIC800位点以上の満足度で高いのが個人的には意外なのですが、
やはり教材なんだからなるべく学習者の負荷を考えている教材が優れているということですね。

もう一つがキクタン。キクタンて単語集じゃないの?と思っていたのですが、
アルクが出している学習参考書シリーズとしてたくさん出ているのですね。

キクタンシリーズ

私もお試しで聞いたことがあるのですが、リズムよく流れるので嫌でも耳に残りやすいという
面白い特徴があると思っています。

 

アルクの学習教材といえばやはり「ヒアリングマラソン」

こちらは本格的に英語を頑張ろうという方にはオススメできる教材です。
先の賞でも「信頼出来るブランド」で部門賞を獲得しています。

ヒアリングマラソンをやろうという決意をしたなら最後までやり通す、
それが出来れば最強の教材では無いかと思っています。

 

しかしながら私の英語学習教材に対する考え方は、
人によってそれぞれ最適な学習教材は変わってくるという考え方を持っています。

それは私の英語学習理論の中の重要三要素の1つ「適度な負荷」を意識するためです。

参考:【英語学習法・序論 その1】英語学習で必要な3要素とは?

市販されている英語学習には優れたものが多いと思っていますが、
それを活かすも殺すも自分の負荷調整次第。最適な英語学習教材を選びたいものです。

また英語学習の成長レベルによって最適な英語学習も変わってくるんでしょうね^^

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ