Amazonランキング2015、本部門で英語学習教材がランキングを席巻している

2015年のアマゾンでのよく売れたものを覗いてみると、面白いことを発見しました。

rankingamazon2015

和書総合部門で20位以内になんと、英語学習系が4冊も入っています。

英語本ってそんなに売れているのか!?と驚きです。せっかくなのでその売れている4冊を紹介します。

6位にTOEIC公式問題集の最新版が入っています。

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>
Educational Testing Service
国際ビジネスコミュニケーション協会 (2014-11-12)
売り上げランキング:19位

 

これは私も買いました。TOEICを受ける人の定番本として誰もが通ると考えれば、かなり売れていると見て間違いないです。

10位に文法本ですね。2011年に出版ながらランキングに入っています。

 

私もハートになんとか英文法から、この方の本を読んでいますが、こちらはボリュームがかなり有ります。今までの学校英語から文法に関して分かりやすく開設しています。網羅性があるため売れているんでしょうね。

ただ、私は文法書に関しては自分に合うものを本屋さんで選んで欲しいタイプです。

個人的には総合英語Forest 7th Editionの方が好きです。

11位にはなんとDUO3.0!

DUO 3.0
鈴木 陽一
アイシーピー (2000-03)
売り上げランキング:51位

 

2000年出版の単語集が2015年になってもランキング入りしている事実に驚きですが、いい本には間違いないので仕方ないですね。私も英語学習初期の頃は非常にお世話になりました。

単語を覚えるには、まずはDUOを通るのが効率のいい道だと思います。

14位には瞬間英作文が入っています。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)
森沢 洋介
ベレ出版 (2006-10-25)
売り上げランキング:53位

ネット上などでも好評ですし、私の1000時間クエストをみてもこれを利用して随分と学習している人が多いです。私はどちらかと言うと、中身の単純すぎるのが合わず投げ出したタイプですが、遠回りをせず頭で英文構築するには上記のような単純なものを繰り返しするのが良いのは確かです。

正統派なものがその人に合うかは分かりません。いろいろな道があるので、流行っているけど私のように合わない人もいるでしょう。

それにしても、これだけ英語学習書籍がしかも過去の作品が売れているって、本の売れ行きって英語系が支えているのか?と思ってしまいました。

 

ランキングをチェックしたのは洋書で読みたいのあるか見たかったのですが、子供向けの本がランキングに入っています。

洋書総合

Wee Sing Children's Songs and Fingerplays
Pamela Conn Beall
Price Stern Sloan (2005-09-08)
売り上げランキング:8位

我が家の娘もようやく本を破らなくなってきたので、英語の簡単な本でも一緒に読んでもいいかなと思っています。ただ、英語よりもまずは日本語を考えると、与え過ぎもどうかと思うので難しいですね。

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ