2014年のオンライン英会話スクール年間アクセス調査

2015年も1ヶ月経ちましたが、昨年(2014年)の年間を通したスクールのアクセス調査を行いました。

アクセス数は人気度や注目度を見る上で重要な指標になります。
出てくるデータが結構しっかりと注目度を反映していると思います

【アクセス数ベスト10】オンライン英会話スクール注目度ランキング(2014年間)

結果はBestChoiceの上記ページで発表しています。

2014年は個人的に感じたのがグループレッスン系、というか予約なしでスムーズにレッスンを受けられる体制がサービスの質の差で重要視され始めたと思っています。

バーチャル英会話教室

夏の「朝英語」キャンペーン

1位のバーチャル英会話教室はレッスンはグループレッスンですが、予約なしで気軽にレッスン可能です。品質も日本品質で良く、iknowなど他の学習も出来るので英語学習を全て快適に任せられるとして人気が高いのでしょう。

また、マンツーマンレッスンで予約が必要なところも講師数が多く、気軽に予約ができるスクールが上位に来ているイメージがあります。

 

私自身も数日前から予約をして受ける体制が、日常の生活の中で難しいことが多いと感じました。

 

小さな子供が寝静まってから、時間が空いたから気軽に30分ほど英語を使いたい。そんなリズムを求めるには予約というワンステップが邪魔になります。

 

かと言ってスクール側も常時空き先生を待機させておくような事はできませんから、教室制のようなバーチャル英会話教室が人気を集めているのではないでしょうか?

【2014年】第2回オンライン英会話スクール比較 BestChoice賞の発表

実は2014年度の第2回BestChoice年間大賞はバーチャル英会話教室にしようか最後まで迷っていました。

結局はオンライン英会話レアジョブの株式上場のインパクトが大きかったため、そうは行きませんでしたが2015年はサービスの違いでの勝負になると確信しています。

 

レッスン内容だけでなくサービス体制に特徴を出すスクールも増えてきていますので2015年も英会話レッスンを楽しみながら紹介していきたいと思います。

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ