4技能試験対応のオンライン英会話スクール「Best Teacher(ベストティーチャー)」

2020年は東京オリンピックの年ですが、大学入試の英語も変わるみたいですね。

4skills

私の頃はセンター試験でしたが、大学の2次試験も、私の通った大学は長文系速読必須の試験でした。今後は4技能をしっかりと学ぶことが大事になってきそうです。

ただ、ライティングとかの評価ってどうするんでしょうかね?

私は4技能全ての底上げをするというのは賛成ですが、入試のための勉強にならないような工夫も求められると思います。東進ハイスクールの名物英語講師「安河内哲也」さんも結構前から推進していますよね。私もTOEIC SWテストを受けた時に、実際に先生が受けに来ていて有言実行する人だなぁと思っていました。

そして、現在4技能をしっかりと学べる枠組みがある(試験対策コースがある)オンライン英会話スクールがBestTeacher(ベストティーチャー) です。

運営者の宮地さんと安河内先生の対談もあります。長いですが時間があれば見てください。

安河内哲也が語る、2020年4技能入試で日本人の英語学習は激変する!

実は、当方もBestTeacher(ベストティーチャー) さんにはインタビューを行ったことがあります。その時には、かなり詳しくベストティーチャーの既存のスクールとの違いを聞いてきました。

当時に比べて、ベストティーチャーのサービスはかなり進化しています。現在では4技能試験対策を揃えているスクールは、ベストティーチャーのみということで生徒数が急増している模様です。

非同期メソッドと自分だけの教材が特徴のオンライン英会話ベストティーチャー(Best Teacher)さんに突撃インタビューしてきました(前編)

私はBestTeacher(ベストティーチャー) さんのサービスが始まった頃から見てきていますが、最初は素晴らしい学習メソッドだと思いましたが、なかなか受け入れられにくい学習スタイルだと思っていました。

というのも、確実に英語力が伸びるオススメの方法なのですが、その為「楽して伸びたい」とか「楽しみたいだけ」と英語をやや趣味的に利用したい人には、ちょっと敷居が高いスクールだからです。

しかし、4技能スキルアップ待ったなしの時代では、真に英語力向上が必要な人達に受け入れられていると思います。

fullrenewal

ちょうど先般、フルリニューアルでver8まで来ましたね。隙間時間で学習できるのも特徴なのでスマホ対応がどの程度までいっているかも気になるところです。

運営者の情熱があるスクールは伸びていきますね!

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ