Amazonのオールタイムベスト児童文学100から読みやすい洋書を紹介 小学5-6年生向け その6

アマゾンが最近日本の書籍のオンライン販売から13年間の蓄積した販売数やレビューから、これだけは読んでおきたい「オールタイム・ベストブック」というのを紹介しています。この度、「児童文学100」が発表されました。

ScreenShot00832

児童文学ということで和書の発表なのですが、原作は英語という本が結構ありました。

多分、ここで紹介されている本の原書は初心者向けの「多読書籍」としてかなりお勧めできると思いますので、その原書を紹介してみたいと思います。

児童文学とは言え、英語学習者が原書挑戦には結構難しい物もあるのでkindleなどの補助を使うことをオススメします。

Kindle Paperwhite(ニューモデル)
Amazon (2013-10-22)
売り上げランキング:3位

小学校5-6年、高学年向けです。その6です。

残り2冊となりました。最後は冒険/アドベンチャー物2冊です。

Eragon (Inheritance, Book 1)
Christopher Paolini
Alfred A Knopf (2005-04-26)
売り上げランキング:32488位

邦題:エラゴン

冒険物語には竜がつきものでしょうか?ペーパーバックをみると結構なボリュームに驚くが子供向けなので平易な文でスムーズに展開するらしい。

映画化もされているので映画を見てから読んでみるとイメージしやすく読みやすいかもしれない。私もずっと候補作品としてブックマークしています。

邦題:トム・ソーヤーの冒険

トム・ソーヤーの冒険はかなり古典ですが、古典だからこそkindleで0円で読めます。

残念ながら私はタイトルを知っているけど、内容や結末を今思い出せないので和書でも他のメディアでもしっかりと見たことがないのでしょう。もう一度、中身をしっかり読んでみる為にも多読本としてオススメできそうです。

多少、口語体の部分で読みにくさがある模様なので多読中級者(ちょっとぐらい知らない単語あっても気にせず読める、斜め読みできる)レベルにオススメだと思います。

以上で、小学校レベルが終了です。残り中学生向けがあります。より大人っぽい内容の作品が増えてきます。ただ子供向けなので中学生向けでも読める作品は多く注目です。

関連するかもしれない記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ